マリッジ・ヒーリングサロン天使の森のヒーラー堤早苗から、
会員・非会員に限らず心優しいANGELさんへの
コミュニケーション・コーナー
愛の波動☆光の戦士 LIGHT WARIOR 
人気ブログランキングへ
クリックして投票してねラッキー

皆さん、こんには!楽しい
なんだか、急にググっと春めいてきましたときめき
春が近づくと光の明るさが全然違うって思いません?
おてんき朝の窓辺にさす日差しが違うのよねラッキー
それだけで、ピンクエンジェルはワクワクしちゃいますよ♪♪♪
ここのところ、冒頭のフォトはネコちゃんのスマイルにこだわちゃってますラッキー
もう、このブログの愛読者の方々は、とっくにお気づきと思いますが、ピンクエンジェルはいわゆる「ネコ派」です猫猫猫
一時期、家に猫が10匹以上おりまして、近所では我が家を「ネコ屋敷」と呼んでおりました。現在マンション暮らし、ネコちゃんが飼えないのが寂しいピンクエンジェルなんです…悲しい
でも、かつて飼っていたネコちゃんたちは、エンジェルになって守ってくれてるって言いますYES!それで、我慢しよっとモグモグ
さて、先回の光の話の続きです。
あの時は、ビビりました〜たらーっ
狂っちゃったのか、はたまた、悪霊にとりつかれたか…って汗

おてんき太古から続く光のイメージ

光の体験は、光に対するイメージのバリエーションとなって、瞑想の時に現れる映像が多様化していきました曇り今まで瞑想の時のイメージについて書いてきましたが、スクリーンを見ているようにストーリーがはっきりしてメッセージ性が高くなったのもこの頃でした映画
光は、スピリチュアルな存在にとっての通信ツールなのだろうと思いました。近頃は人間社会の通信ツールでもありますが…ひらめき
それとも、送られてくる波動を光に読み替えているのでしょうかポッ
精神世界に関連した修行を積まれた方々は、多かれ少なかれ、同じような体験をされるようですピピピあくまでも、ピンクエンジェルが読んだ本の範囲内の知識ですがイヒヒ
しかし、聖なるもの、霊的な存在に光のイメージは付き物です。
どんな宗教の神さま、仏さまは光り輝いているしるしである光背(オーラ)が描かれてます。聖なる存在は、光と共に現れます。また、生命の根源として「大いなる光」のイメージを持つ文化も世界各地にあるようです。地球
宇宙が生まれ出た根源の超絶広大なエネルギー、ビッグ・バンのイメージもそんな光のイメージにつながるような気がしますニコニコ
最初は、「神さまが降りてこられたのかしら!?」なんて、思っちゃいましたよびっくり理屈では説明のつかない強い波動が、絶え間なく語りかけてくるんですもの冷や汗
起きている現象にだんだん慣れてきて、「そうか、これがチャネリングってやつなのか…」と思うようになるまで、実は、かなり掛かりましたてれちゃうタイヘンダッタヨ〜

おてんきガイドとつながる

ピンクエンジェルにコンタクトしてきたのは、魂の成長を促すためのコーチ役である指導霊、いわゆるガイドです。
実のところ、このアチューメントをする前から、心の不確かなモヤモヤした部分を解決したくて、私の守護霊さん(洋風に言ったらハイヤー・セルフなんでしょうね)に繋がりたくて祈る日々が続いておりました。
それが叶ったわけですが、最初のうちは何が何だかわからない状態ニョロそれこそ「キツネ憑き」状態だったと思います汗
イメージやメッセージを送って来るのですが、チューニングが悪いのか雑音も酷くて、自分の考えなのか、ガイドのメッセージなのか、それとも、はたまた、他の霊的存在のつぶやきなのか…、聞き耳を立てる
やがて、女性的なイメージが強いことが分かり、また、月のイメージを送って来るのがガイドのトレード・マークだと気がついてきます月夜になると、しきりに月が気になって仕方ないんですよたらーっ
彼女はとてもオシャベリで、彼女もコンタクト回路ができたのがうれしいのか一方的にいろいろ話しかけてきますラブ月の神様のようなのでルナと名付けました。このころ、サラ・ブライトマンのアルバム「LUNA」を毎日きいてましたね〜CD彼女も気に入ったのか、心が落ち着くんですよね温泉
私の前世かもしれないと思える映像が次から次へと送られてきます。瞑想の時も、そうじゃない時も、こっちの状況はお構いなし…
かと思ったら、どこかへお出かけなのか、ウントモスントモ言わない時もあります。スピリットにはスピリットの日常生活があるんですかね…ムニョムニョ
これを科学的医学的にいったら、幻聴、幻覚と片づけられてしまいそうですが、私の日常生活は正常そのものだし、身体的にも不調はありません。気持ち良く中国武術の練習はしてるし、仕事の効率が低下したわけでもなく、極めて順調ですジョギング

おてんき巫女=メッセンジャー

左の絵は、戦国時代に活躍した「歩き巫女」という霊能者の絵です。NHKの大河ドラマ「天地人」で武田信玄の九の一(女忍者)として、この「歩き巫女」が登場します。
巫女は神さまのお告げや予知能力をメッセージしたり、悪霊を払ったり、民間の門から門に渡り歩いていた巫女たちです。武田信玄は、全国を渡り歩く彼女たちの性格を利用して、九の一たちを歩き巫女に仕立てて各地の情報収集に使ったのだそうです。
巫女は、本来は宮中の神事を司る職種でした。象徴的な権威ある存在としては、皇族の子女が神に仕えた「斎(いつき)の宮」がありました。これは、源氏物語にも出てきます。光源氏を恋するあまり、その正妻である葵上に生き霊となってとりついてしまった六条の御息所の息女が、この「斎の宮」になりましたよね読書
平安時代は、神事や安倍晴明で有名な陰陽道は宮中の政務であったのですが、その以降は民間にその文化を広げていったようですふぅ〜ん
女性に霊能者が多かったことは、洋の東西を問わず多かったみたいですね女だって、ジャンヌ・ダルクだって、要するに巫女的な存在でしょラッキー
そう思うと、ピンクエンジェルに起きたことも珍しいことでもないのかの…と思っちゃたりしますラブラブ
歴史のいろいろな場面に、スピリチュアルなメッセージを届ける役目を担った女性たちがいたんですね。最近のスピリチュアル・ブームで大分カミングアウトし易くなってきたと思いますが、霊的波動がとても豊かな日本には、たくさんの霊的能力豊かな女性がいらっしゃると思います。
日本は八百万の神々の国です。山川草木、どんな生き物にも霊的なパワーが宿っています。森には精霊が棲み、海には波の神、田畑にも道祖神がいます。巫女たちは、そんな精霊や神々の声を聞き、あの世に旅立った人々の声を聞き、そのメッセージを人々に語って聞かせて来たのでしたラッキー

さて、さて、この続きは、またまた次回で花



よつばのクローバーエナジー・ワーク・ショップ
毎週、水・土・日に開講予定 定員5名
AM10:30〜11:30
参加費一回¥3,500(税込)
<レッスン・メニュー> 
簡単シンプル気功、お手軽瞑想法、エナジー・セラピー、デイリーケア・マッサージ

よつばのクローバーヒーリングサロン・天使の森は気功をベースにしたエナジー・セラピーやあなたの悩みに答えるリーディング・カウンセリングをしています。

エナジー・セラピー | comments(0)
Comment












CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3




  • 素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea